取扱業務内容

SERVICE

訴訟事件等の紛争案件全般

当事務所は従来より主要業務の一つとして、各種紛争の裁判手続における代理人を行って参りました。
当事務所では裁判手続で培った経験を契約書作成や交渉といった予防法務にフィード・バックすることが重要であると考えており、裁判等の紛争解決法務と、契約書の作成や契約交渉という予防法務をいわば車の両輪として位置づけ、双方についての研鑽を積んで参る所存です。

重点的に取り扱っている弁護士

著作・講演等

2017/6/25
増田智彦弁護士が代理人を務めた動産引渡請求事件が『金融法務事情』No.2068(2017年6月25日号)66頁に掲載されました。

2017/5/21
永野剛志弁護士増田智彦弁護士、酒井智也弁護士が代理人を務めた損害賠償等請求控訴事件が『判例時報』No.2325(平成29年5月21日号)61頁に掲載されました。

先頭に戻る