東京丸の内法律事務所

ベトナム法務

 近年、多くの日本企業がベトナムに進出しており、安価な労働力を目的とした製造拠点としてだけではなく、ベトナム国内マーケットをターゲットとしたサービス業、小売業等での進出も増えています。
 当事務所は、現地の複数の法律事務所と友好的な関係を構築しており、現地企業の買収、デューデリジェンス、合弁設立、現地法人の設立、許認可の取得、外資規制を含む現地法制度に関する調査等、幅広い分野において日本企業のベトナムへの進出をサポートすることが可能です。現地法律事務所において執務経験を有する弁護士が、現地の実務をふまえたアドバイスを提供しており、特に不動産開発、医療・ヘルスケア分野での進出において実績を有しています。

重点取扱い分野にしている弁護士